相談に臨むに際して

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士への相談に臨むに際しては、幾つかの厳守すべき姿勢とポイントが見過ごせません。まずは現状を全て正直に伝える姿勢が挙げられますが、既に自身の借入状況や遅延損害金がどれだけ膨らんでいるのか、自身で把握出来ていない状況の相談者が少なくないのも事実です。分からないのであればその旨を正直に話し、クレジットカードや届いた請求書など、関連する資料を全て持参から包み隠さず提示してください。いくら豊富な知識と経験を有する弁護士でも、債務者すなわち相談者の現状を正しく把握出来なければ、適正な助言を伝える、具体的な借金問題解決法を模索する事が出来ません

弁護士は自己破産なる最終選択肢を極力回避すべく、借金問題解決法を探ってくれますが、ここで鍵を握るのが、相談者のその時点での保有財産の状況、そして現在から未来に向けての経済力すなわち返済能力です。返済すべき総額を小さくする事で返済を再開継続から解決へと導く選択肢を視野に入れれば、当然引き続いての返済が本当に実践可能か否かの見極めが必要ですし、最終的には相談者の言葉を信じるしかありません。実際には見当たらぬ返済能力を、虚偽の回答で「大丈夫」などと言葉にしてしまい、債務整理中に同様の債務不履行を生じさせてしまえば、今度こそ万策が尽き果ててしまい、弁護士からの力添えも仰げなくなってしまい兼ねません。虚栄心からの嘘は絶対に禁物です。

Published by 管理者